2010年04月20日

決着の定義、食い違い否定=普天間問題−北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は16日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題の決着の定義に関し「鳩山由紀夫首相が言ったことは、それ以上の重みはない」と述べ、5月末までに米政府と移設先自治体の合意を取り付けることができるよう全力を挙げる考えを強調した。
 首相と平野博文官房長官の間に定義をめぐる認識の違いがあることについて、防衛相は「そんなに違いがない」と指摘。その上で「米側、地元と交渉して、この方向で行こうと(合意するのが決着だ)。細部にわたってはいろいろと問題もあるだろう」と述べ、6月以降も一定の調整が残るのは問題ないとの考えを示した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員(産経新聞)
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
<公訴時効見直し>参院法務委で改正案可決 連休明け成立へ(毎日新聞)
JR西社長 国交相に改善状況報告 報告書漏えい問題で(産経新聞)
<長妻厚労相>存在感陰り 派遣法・年金、目立つ手堅さ(毎日新聞)
posted by フルタ トクオ at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。