2010年02月06日

公明、太田前代表の参院選比例代表の公認を取り消し(産経新聞)

 公明党は4日午前の中央幹事会で、夏の参院選比例代表の出馬が決まっていた太田昭宏前代表(64)の公認取り消しを正式に決めた。一方、比例代表で公認していた現職の西田実仁(まこと)氏(47)を埼玉選挙区に移し、新たに北海道議の横山信一氏(50)と元衆院議員の長沢広明氏(51)を比例代表で公認した。

【関連記事】
公明、参院選で太田前代表の擁立決定
公明、参院選挙区の現職を比例に鞍替え
公明代表に山口氏 新体制が始動
公明党三役人事が内定 代表・山口氏、幹事長は井上氏、北側氏は来年参院選に出馬へ
公明党の太田代表、衆院選の敗北を受け代表辞任

子ども手当の「困難」発言、野田副大臣陳謝(読売新聞)
桜井茶臼山古墳から見つかった鏡が照らす“卑弥呼の政権戦略”(産経新聞)
特養待機4万人超 施設不足深刻 宮城は1万人余 東北(河北新報)
豆腐・納豆食べる人 肺がんリスク減ります たばこ吸わない男性 厚労省調査(産経新聞)
大久保被告が保釈請求(産経新聞)
posted by フルタ トクオ at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。