2010年02月06日

<取り調べ可視化>公安委員長の研究会初会合(毎日新聞)

 取り調べ全過程の録音・録画(可視化)と捜査の高度化を検討する中井洽国家公安委員長の私的研究会の初会合が5日、警察庁で開かれた。現在は一部にとどまる可視化の拡大範囲や司法取引などの新たな捜査手法、犯罪のトレーサビリティー(追跡調査)を高める手段などについて、約2年間かけて検討する。

 初会合には、警察や検察OB、日本弁護士連合会が推薦する弁護士、ジャーナリストら有識者12人の委員全員が参加した。

 警察と検察は現在、取り調べの一部の録音・録画(一部可視化)を実施している。警察は殺人などの重大事件のうち、容疑者が自供し、将来の公判で自供の任意性に争いが生じる恐れのある事件が対象。検察も08年4月以降、原則として自供した裁判員裁判対象事件で実施している。

 冤罪(えんざい)防止策としての可視化をマニフェスト(政権公約)で掲げた民主党が昨年の総選挙で勝利。菅家利和さん(63)の無罪判決が確定的な足利事件で、全面可視化がクローズアップされたこともあり、研究会の議論は、可視化の範囲を拡大する方向で進む見通しだ。

 ただし、全面可視化を実施している諸外国は、罪を認めたり共犯者を告発する代わりに刑を軽減する「司法取引」や「刑の減免制度」など、取り調べ以外に多くの捜査手法が認められているケースが多い。中井国家公安委員長が指示する捜査の高度化の検討は、こうした現場の実情に配慮したもので、防犯カメラの増設なども議論の対象となる可能性がある。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
可視化研究会:2月5日始動 捜査手法2年かけ検討
足利事件再審:可視化集会で菅家さんが講演
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す

<サル>ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)
地下鉄丸ノ内線が全線で運転見合わせ(産経新聞)
福島・社民党首、辺野古移設「許さない」(読売新聞)
「口が達者」人気者=スナックが接点−上田容疑者(時事通信)
囲碁の謝が女流3冠独占(時事通信)
posted by フルタ トクオ at 07:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。