2010年02月02日

2人死亡事故で懲役14年=危険運転致死、初の裁判員裁判−千葉地裁(時事通信)

 飲酒のため運転が困難な状況で、女性2人を車ではね死亡させたとして、危険運転致死罪に問われた造園業、高橋浩二被告(45)の裁判員裁判で、千葉地裁(小坂敏幸裁判長)は28日、懲役14年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。同罪での裁判員裁判は全国初。
 被告側は「運転困難な状況ではなかった」として、自動車運転過失致死罪が成立すると主張していた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任

<学習費>不況直撃、塾への支出が減少 08年度(毎日新聞)
【KANSAIハヤ耳】農事組合法人「ラッテ・たかまつ」 古代の乳製品「蘇」(産経新聞)
八王子射殺 犯人履いていたスニーカー公開(毎日新聞)
秋葉原殺傷・加藤被告、胸の内語るか…初公判(読売新聞)
参院予算委 長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」(毎日新聞)
posted by フルタ トクオ at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。