2010年02月02日

2人死亡事故で懲役14年=危険運転致死、初の裁判員裁判−千葉地裁(時事通信)

 飲酒のため運転が困難な状況で、女性2人を車ではね死亡させたとして、危険運転致死罪に問われた造園業、高橋浩二被告(45)の裁判員裁判で、千葉地裁(小坂敏幸裁判長)は28日、懲役14年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。同罪での裁判員裁判は全国初。
 被告側は「運転困難な状況ではなかった」として、自動車運転過失致死罪が成立すると主張していた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任

<学習費>不況直撃、塾への支出が減少 08年度(毎日新聞)
【KANSAIハヤ耳】農事組合法人「ラッテ・たかまつ」 古代の乳製品「蘇」(産経新聞)
八王子射殺 犯人履いていたスニーカー公開(毎日新聞)
秋葉原殺傷・加藤被告、胸の内語るか…初公判(読売新聞)
参院予算委 長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」(毎日新聞)
posted by フルタ トクオ at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化財防火デー 本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)

 文化財防火デーの26日、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で防火訓練があった。国の重要文化財の本殿や回廊から出火したとの想定で、天満宮の自衛消防隊や筑紫野太宰府消防本部など約200人が参加した。

【関連記事】大寒:太宰府天満宮では飛梅ほころぶ

 楼門前に設置された出火点を目標に、自衛消防隊の巫女(みこ)や神職が消火栓3本から放水し、茶店の従業員らもバケツリレーなどをした。消防車やはしご車も駆けつけ、本番さながらの訓練となった。

 また、そろいの法被(はっぴ)を着た天満宮幼稚園児たち約200人のパレードも参拝客の目を引いた。【扇沢秀明】

【関連ニュース】
【関連記事】縁起物が小型化 太宰府天満宮
【関連記事】寅:新年を待つ 太宰府天満宮
【関連記事】片岡仁左衛門さん:「菅原伝授手習鑑」で菅丞相役 天満宮で上演成功祈願 /福岡
<天満宮といえば受験>受験と私・第2回「神様は努力を見ているよ」 押見昌純さん(湯島天満宮禰宜)

作家・佐々木譲 東京が舞台では書けなかった(産経新聞)
成田上空の金属片落下、エンジン部品腐食が原因(読売新聞)
鳥取不審死 殺人容疑できょうにも再逮捕(産経新聞)
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」(産経新聞)
参院選指揮、小沢氏に委ねる=鳩山首相(時事通信)
posted by フルタ トクオ at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。